ふかふか団地ブログ

文芸サークル『ふかふか団地』についてのお知らせや、メンバーの日記を公開していきます。

2017年11月23日(祝)第二十五回文学フリマ東京に参加予定。
ふかふか団地の既刊小説誌を売っています

けものフレンズ最終回、かばんちゃんの黒い指と仮面ライダーファイズ

本記事の内容そのものは悪い冗談ですが、アニメ「けものフレンズ」最終話のネタバレに沿って進みます。

 

 アニメ「けものフレンズ」が最終回を迎えました。黒いセルリアンに取り込まれたかばんちゃんをこれまで出会ったフレンズが、そしてラッキーさんまでもが力を合わせて救う展開はぐっとくるものがありました。

 さて、無事平和を取り戻したジャパリパークでは、お祝いのパーティが開かれていました。一度はパークに残るといったかばんちゃんに、フレンズはフロートつきのバスをプレゼントし、かばんちゃんは島の外へ出ることを決意します。旅の門出に、かばんちゃんはサーバルちゃんから教わった木登りを披露し、自分は大丈夫であることを皆に伝えます。

f:id:fukafukadanchi:20170329024640p:plain

 

 かばんちゃんの指先が、黒くなっているのが分かります。この場面だけなら、木登りの際の汚れと言い張ることができたかもしれません。

 

f:id:fukafukadanchi:20170329024934p:plain

 

 このカットで、かばんの指は変色し、しかも進行性のものであることがうかがえます。

 この変色に対する説明はなされないままお話は幕を下ろします。もちろん、何かしらの意味を持っていることは疑いようがありません。それでは、これはなにか?

 

f:id:fukafukadanchi:20170329025320p:plain

 

 仮面ライダーファイズに登場する怪人「オルフェノク」はご存知ですか?

 オルフェノクは、一度死んだ人間が覚醒し蘇った人類の進化系です。彼らは個体ごとに他の生物を模しており、その特性を持っています。

 しかしの急激な進化に肉体は耐えられず、その寿命は極めて短く、オルフェノクの死の兆候は、肉体の灰化という形で現れます。

f:id:fukafukadanchi:20170329031231j:plain

 かばんは、セルリアンに取り込まれた際に命を落としました。そして、オルフェノクとして蘇ったのです。不完全なオルフェノクとして。

 翻っていえば、フレンズとはオルフェノクの完全な姿であると言えます。皮肉にもそれは、動物が人の形を取ることで生まれることになったのです。ファイズ劇中で永遠の生を受けたオルフェノクが人間の姿を失い人型の怪物そのものになったことからも分かる通り、人間としての特性が強すぎることは、安定した種となることにとって妨げでしかないのです。そして、かばんは「ヒト」のフレンズでした。

 そもそも、仮面ライダーファイズは自分が何者であるか、夢を持たない若者がさまよいながら自らの居場所と在り方を探していく作品でした。けものフレンズもまた、自分を知り、他者を知り、存在を確立し「何をするか」を見つけ出す物語です。

 かばんは、セルリアンに捕食され一度死んで蘇り、自らの寿命がいくばくもないことを悟ったでしょう。だからこそ、島に残って、フレンズと穏やかに余生を過ごすことを、島の外に出るのは「いつか」でいいと嘘をついたのでしょう。ですが、友人たちの後押しで、かばんは旅に出ることを選びました。残された時間をひたむきに生きていくこと。待ち受ける運命がどうであれ、その選択こそが、人間という動物の美しい特性なのだと告げるように。

 

 ……かばんちゃんはヒトのフレンズなので、失った手袋やタイツをしている姿こそが自然状態です。時間を経て、ゆっくりとあるべき姿に再生しているだけ。このエントリを書く前に恐らく正解の解釈には行き当たったのですが、13年越しに仮面ライダーファイズの最終回を想起させる作品に出会ったので、書き残しておこうと思います。

にぎわい東北 presents Wake Up, Girls!in レイクタウン ミニライブを観てきた

近所にWUG(声優アイドルユニット:Wake up,girls!のこと)が来て無料観覧のミニライブを行うというので、行った。

わたしが声優のライブに行ったこと自体が面白いらしいので、まったくこの手のレポートは専門外で書き方も分からないけれど、思ったことを備忘録的に書く。

 

朝7時に起きてすぐアイフォーンのツイッターアプリで「WUG」と検索し、げんなりする。イオンレイクタウン側のイベント情報とWUG公式サイトのインフォメーションとで「7時以前の行列は撤去」の文面の有無が分かれており、結局徹夜組(百歩譲ってイベント会場ならまだ周辺から隔離された環境だからともかく、仮にも無休営業の商業施設付近で徹夜をするな)が優先観覧にありついた、という事実に非常に萎えた。(声優ライブ勢)オタクが気持ち悪いという偏見を強める形となり、これは不可抗力に近く、大変に遺憾である。声優ライブガチの人間でも極めて理性的な人物がいるのは当然知っているので、一部の思慮のない人間はなんらかの形で社会的制裁を受けていくべきだと思った。優先列の会場入場時に先頭集団がダッシュして椅子にぶつかって転んでいるの、愚行権の範疇を逸脱しているので、一切許容できなかった。厳しい。

 

声優ライブは何年か前に理性的な声優ユニットファンの友人に誘われていったアニメ紅白以来二度目で、コール?も分からなければ光る棒も持っていない(ファイズエッジなら持ってる)。というかWUGに興味を持ったのが先月のことなのでメンバーの顔と名前が一致していない。

しかもイベントは1Fだがわたしは3Fの吹きぬけから見下ろす形だったので、遠い。球場外野席よりは近いが、冷静に考えるとアリーナなんかで観るライブの二階席はこんなもんじゃないだろうし、チケット番号で一喜一憂するオタクの気持ち、分かるよ。

 

10時半にイベントははじまった。

 

よっぴー(七瀬佳乃役:青山吉能さんのこと。また七瀬佳乃の作中の愛称でもある)、推せる。尊い

3階からで顔は識別できないし、判別の材料になるだろう胸リボンの色も(よっぴーは青)藍色(あいちゃん)紫(ななみん)がいて微妙に分かりづらいのに、喋る前から一目でよっぴーって分かったよ……。もう絶対かわいいよね。脚細いしきれー!

歌も踊りも上手で、すごいプロ意識を感じた。

それに、よっぴーがね、笑顔で三階のわたしに手を振ってくれたんですよ。もう完全に決まった。冗談を抜きにしても、歌いながら、笑顔を、観客に向ける、っていう心構えって徹底するの本当に難しいんですよ。ある種、演奏を自動化させる必要がある。不安があったらそれは困難になる。自信がある、自信の裏打ちとなる努力がある、そういった総合的な部分でよっぴーはいいな、すごいな、って思ったんです。

 

総評として、ライブハウスのバンド演奏ですら誰に注目したらいいのか迷うのに七人がぴょんぴょこぴょんぴょん踊り跳ねるステージ、ADHDには情報処理が追いつかないんですが、来てよかったです。みんなかわいい。「あっこれアニメで観たやつだ!」を身体表現で再現するのは21世紀の芸能だと思うし、Wake up girls!が他アニメの主題歌を歌うなど、作品外にコミットしていくのは強みだと思うので、もっと頑張ってほしい。

 

余談ですが、吉岡茉祐さんが主人公島田真夢の役であることの得心がいって、声のお芝居も歌唱力もメンバー内で抜きん出ているわけではないのになんでだろうなって思っていたんですけど、生歌唱の際の安定感が鍵だったんだなって。他のメンバー(みゅーちゃんとかななみん)が結構歌い出しに声が出ないのが散見されたんですが、まゆしぃは常に一番の声量を確保していて。それと、タチアガレのソロパートで歌いだし一瞬キー外したのに即修正したんですよ。タフだなって思って。音源と遜色ないかむしろ生で聴いたほうがより魅力が伝わる歌い方で、えらいな、ってなんだか頭が下がる思いをした。

 

にぎわい東北って銘打っている割には東北物産のプッシュとか(一応レイクタウン内の食料品売り場でやってることはやってるらしかった)チャリティ募金箱とかそういうのなかったし、全体的にイベント進行の粗は目立った。あまり運営側の手際はいい評判を聞かないので、反省を生かしていただきたい。今度はWUGちゃんのチケットで入るタイプのイベントに行ってみたい。

セットリスト
  1. HIGAWARI PRINCESS
  2. 7 girls war
  3. タチアガレ
  4. 極上スマイル

尾瀬みさき)

【ポケモンサンムーン】メガカメックスを使った並び【シングルレート】

f:id:fukafukadanchi:20170302201000p:plain

食い込んで気持ちいい!!


どうもこんにちは。
本日はメガカメックスを使った並びをご紹介します。私では時間的にも精神的にもこれ以上深められないので、晒すことによって他のプレイヤーの皆様の参考にでもなれば幸いです。
(最終レートで2000に乗ったらパーティも載せます。応援してください)

※前回の記事と違ってある程度ネット対戦をやられている方向けの記事となります。ご覚悟を。


f:id:fukafukadanchi:20170302200648j:plain


カメックス@メガストー
性格 ひかえめ
努力値 H252 A4 C252
技 みずのはどう はどうだん りゅうのはどう アクアジェット

ミミッキュ@きあいのタスキ
性格 いじっぱり
努力値 H4 A252 S252
技 シャドークロー じゃれつく かげうち トリックルーム

ナットレイ@たべのこし
性格 のんき(最遅)
努力値 H252 A4 B252
パワーウィップ ジャイロボール やどりぎのたね まもる

冷静に書き起すと適当すぎて笑ってしまう。
育成論を投稿するレベルに達してる人は調整しような。というか良い調整例があったら教えてください。

最初は裏選出として使ってましたが、割と環境的に追い風な感じで比較的使いやすい(表選出が環境に合ってないだけな気が……)
結果、うまく選出が出来れば、かなり勝てました。

簡単な運用方法は、無類のタイマン性能を持った✝︎メガカメックス✝︎で1体倒して、ミミッキュのトリルで再展開って感じです。あくまでもトリックルームは起点回避兼切り返し用なので、ミミッキュは安定性と汎用性を持たせるためタスキです。他に速いメンツを使っているせいもあってか、このミミッキュトリックルームはほとんど読まれませんでした。
また、ミミッキュナットレイを起点にしてくる、マンダ、ガモス、リザXあたりに繰り出せてトリル展開(起点回避)できるのもいいですね(地味にタイプ保管も良い)

そもそも、カメックスを使うならゲッコウガで良くないっすか?? ?

という当然の疑問に対して答えると、差別化できる点は「耐久力」と「遅さ」である。
明確に差が出るのはマンムーの処理であって、我がパーティに85%の確率で初手に出てくるマンモスに有利に出れるのは非常に頼もしい。
あと、りゅうのはどうでリザXに強いのも固有の利点かなと。(Yのソーラービームも1発は耐えます。タイマンから勝てる訳ではありませんが)
また、微妙な素早さを生かしたトリックルーム展開によって相手の思惑を大きく破壊できる点も大きい。逆に言うと今の世代でカメックスを生かすとなると、トリルで切り返せるポケモンが不可欠なようにも感じます。

実際、マンダマンムーやバンドリの裏選出(マンダとかいるようなやつ)を絶妙に誘って狩れているので、可能性のある並びであるかなとは思います。

せっかく強いパーティなので、時間があればもっと深めたいんですけど、小説の原稿を書かなければいけないようでね。一応そういう趣旨のブログなんでこれ。

という訳で本日はこれくらいで。
それでは皆さん、さようならー。

HTC VIVEを買った

年末にHTC VIVEを買ったんです。VRヘッドセットの。諭吉先生が10人ほどログアウトしましたが。

f:id:fukafukadanchi:20170124031436j:plain
f:id:fukafukadanchi:20170125021451j:plain

ヘッドセットはそれなりに重量感あってあんまり長時間装着し続けるのはちょっと辛いかなという感じ。このあたりはまあ致し方ない。

ちなみにPCと接続して使用するわけなのですが、当然グラボも相応のスペックが必要になるのでそれが無い人はさらに何人かの諭吉先生とお別れすることになります。

設置物を固定したりなんなりと準備に手間が掛かったものの、手間とお金を掛けただけのことはある、これは凄いなぁと。

目の前にバーチャルな立体空間が広がるわけです。例えばNintendo 3DSなんかだと携帯機の画面という小さな領域で展開される箱庭的立体感があるわけですが、これの場合は自分自身がその立体空間の中に取り込まれます。体を動かすと映像もそれに追随して変化し、前に進めば映像も前方へ移動し、後ろを振り返れば後ろの様子が映し出されます。

実際には目の先数センチの位置に画面があってただそこに映像が映されているだけなのに、ヘッドセットがあらかじめ設置しておいた位置検出用のベースステーションと合わせて体の動きを検出し、それにぴったりと合わせて映像が変化するために前後左右上下その全てが展開された立体空間に包み込まれているように感じ取れるわけです。

ヘッドセット本体と同様にその空間座標をトラッキングされた付属のコントローラを両手にそれぞれ持つと、バーチャルな立体空間に触れることの出来る「手」となります。目の前の物を触れるように動かせば、その物に触れることが出来るわけです。軽くつつけば揺れ動いたりします。振動でのフィードバックもあります。

惜しむらくは自分の部屋が広くないという点で、広大なバーチャル空間を楽しむには現実の空間もある程度必要なのだということ。

それからVR中は視覚が完全に現実から切り離される(イヤホンを付ければ聴覚も)ため、VR中に現実で何か起こっても気づかない可能性が高いのであらかじめ気をつけておきましょう。当然VR中に現実の方で何かしようにも目隠し同然で行う形になるためこれも注意する必要がありますね。具体的な事例については敢えて差し控えますが。

しかしともあれ、これはなかなか楽しい。コンテンツが充実していくことを期待したいところ。

ふかふか団地2017

あけましておめでとうございます。

 

昨年も皆様には大変お世話になりました。

 

遅くなってしまいましたが、本年もふかふか団地をどうぞよろしくお願いします。

 

 

更新が滞ってしまっていた、ふかふか団地ブログの近況をお知らせすると、前回さんらいとくんが書いた

 

fukafukadanchi.hateblo.jp

この記事が、公開約1か月弱で、これまでのふかふか団地ブログの総アクセス数の3倍近いアクセスを集めました。

 

しかし、当ブログはポケモン考察ブログではありません。文芸サークルふかふか団地のブログとなります。

 

ただ、見返してみると、膝枕耳かきとか、アイカツとか、ペルソナとか、戸松遥さんとか、特にまとまりがある訳でもありません。

 

文学フリマが近くなったら宣伝を行いつつ、メンバー個人のバラバラの趣味嗜好を面白く発揮できる場所であればいいなと思います。

 

 

文芸サークルふかふか団地としては、5月7日の第二十四回文学フリマ東京が当面の目標になります。

 

少しずつではありますが、既に4冊目の同人誌製作に向けて動き出している状態です。

 

ふかふか団地の活動も、今年で3年目(!)に突入しようとしています。

 

サークルとしても個人としても、経験の中で見えてきたものがたくさんあるので、そうしたものを形として還元できる3年目にすることが、サークル代表としての目標です。

 

去年は活動を軌道に乗せた1年でしたが、今年は個人としても「書くこと」で、何か新しいこともやっていけるといいなと感じています。

 

改めて、今年もよろしくお願いします。