ふかふか団地ブログ

文芸サークル『ふかふか団地』についてのお知らせや、メンバーの日記を公開していきます。

2017年5月7日(日)第二十四回文学フリマ東京にて、四冊目の新刊『火星ソーダ』を頒布予定。
ふかふか団地の既刊小説誌を売っています

コミケの終わりは夏の終わり

海室です

コミケ88、お疲れ様でした

今年のコミケも熱うございました

しかし風が吹いて太陽の勢いも弱く涼しゅうございました

コミケ終わってずいぶん経ちますが、みなさん次回のコミケ89でも元気な姿でお会いできることを心より楽しみにしております

さて、コミケの終わりは夏の終わり。セミの鳴き声も薄れつつある晩夏の涼風の中、海室何を想うかといいますと


即売会に参加する意義


ぶっちゃけコミケ

暑い

臭い

高い


という三大拍子のついた正直げんなりイベントです


今年なんか比較的涼しかったけど、熱中症で運ばれてる人何人もいましたし、みんな汗だくで臭いし、りんかい線ゆりかもめも運賃割と馬鹿になんないし…


あれ、もうとらのあなでよくね?

と、レイヤーさんや企業狙いの人以外は思っちゃうかもですが


ちょっと待て


それを補って余りある長所があるんだよ


まあこれは僕の考えではあるんですが


1.作家と読者の出会いの場

これ結構でかいと思うんですよね


作家さんは、自身の作品をどういった人々が楽しんでくれているかを目で見て、さらに感想を実際に耳で聞いて、そこから元気をもらうことができるんだと思うんですよね


読者さんは、自身の好きな作品をどんな方が作っていらっしゃるかを同じく目で見て、さらに熱い声援を作家さんに直接送り届けることで更に作品を身近に感じることができるのではとも思うんですね


更に一般参加の作家(今回の海室みたいな奴)さんは、その雰囲気を直に感じて、作品へのインスピレーションを得ることができるのではと思うんですよ
てかそれで今回もインスピもらってきました

2.一体感を得ることができる


コミケは全国津々浦々だけでなく、最近は海を越えてやって来られる方も多くいらっしゃいます

近場からは中国や台湾、遠方からはアメリカやフランスやイギリスから!


都道府県や国境を越えて、この日のために有明ビッグサイトに集結するってマジすごくね?アツくね?


まさにビッグサイト約束の地


3.発見の場

会場に行けば、自分の興味のないジャンルでも絶対に視界に入ります

興味がないという理由で視界に入れてこなかったジャンルでも

よーく見てごらんなさい

存外面白いかもしれませんよ。いや、絶対面白い

そんな広い視野を与えてくれるのもコミケです



まあかなりダラダラと書き殴りましたが

まとめますと


一体感
こういうことですわな


コミケってプロ野球観戦と似てるなあって書きながら思った


さて、夏が終わり、秋がやってきます。創作の秋です

もちろん寒くなるまでの間に、数多イベントが開催されます

海室冬コミは一般参加ですが、文学フリマはふかふか団地の一員としてサークル参加でみなさんをお待ちしております


皆さんもイベントに参加して、出会い、一体感を感じ、発見をしてみませんか