ふかふか団地ブログ

文芸サークル『ふかふか団地』についてのお知らせや、メンバーの日記を公開していきます。

2017年11月23日(祝)第二十五回文学フリマ東京に参加予定。
ふかふか団地の既刊小説誌を売っています

ポケモンGO

飽きました。



最近の朝食はもっぱらファミマのチーズつくねです。



とりあえず現在の進捗でも雑になぐり書いときます。

現状脳内で考えてるのみです。

目標︰今週から本文を書き出す

世界観設定→大方出来てるけど詳細を詰めたい。細かいところまで一応作っときたい。

キャラ設定→サブキャラの性格とかふわふわしてる。各キャラ、名前とか服装とか髪型とか確定させたい。

ストーリー→90%くらい完成してる。転の入りの動きが現実的で無理のない感じにしたい。いろいろキャラ動かすんで脳内では考えられない。模索中。

資料集め→コミケ3日目ジャンルはほぼエロの後にとらのあなへ行く

タイトル→全く想像できない

そもそも執筆自体割と久しいので早めに着手して直す時間を多めに割きたいです。
一貫したテーマが、「団地」を存分に生かしてるかは不明です。
舞台は松原団地の50年後くらいのイメージ。
女の子は割と出ますが可愛さを生かすのは無理そうでしゅ。

☆あらすじ的な

20XX年。
死亡した人間、動物、そして壊された物や建物。
死にゆく「モノ」の魂の研究が進んだ時代。死者の魂はエネルギーに還元されるようになった。
そして、その新しいエネルギーを管理するのが、主人公の所属する「会社名(未定)」
成人向け漫画家の夢を捨て就職をした彼は、まだどこかで過去を捨てられずにいた。
そんな中、主人公は新プロジェクトの一員として駆り出される。4年後に開催されるオリンピックの誘致の為に取り壊される事になった、日本最大級の集合住宅「名前未定」の監視だ。
何〇万人もの生きた証を残した建物たちからは、大きなエネルギーが動くことが予想された。
そんな消えゆく街の中で主人公はひとつの具現化した魂と出会う。
それは彼がこよなく愛し、青春を捧げた「伝説の〇〇〇」と呼ばれるAV女優の霊だった。


※ヒロインのイメージを確定する資料と主人公の設定を明確にする冊子については皆さんから募集してイきます。