読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふかふか団地ブログ

文芸サークル『ふかふか団地』についてのお知らせや、メンバーの日記を公開していきます。

2017年5月7日(日)第二十四回文学フリマ東京にて、四冊目の新刊『火星ソーダ』を頒布予定。
ふかふか団地の既刊小説誌を売っています

ものがよく見えなくなった

同じ映画を二回観た。
携帯電話の画面を見せるシーンがたびたびあって、そこでは観客は文字を読み取ることになるのだけれど、一回目の観賞では読めたはずの文章がぼやけて、なにか書いてある、そのぐらいにしか見えなかった。
こどもの頃は視力が高くて、だからこそ、目のいい人間ほど老眼になるのが早いという話に怯えてもいたのだけれど、いざその通りになってみると、ああこんなもんか、と思うばかりだ。それはめがねをかければ済むし、運転免許はまだ眼鏡着用の記載なく取得できた。大きな問題はない。
日々成長する時期は終わって、衰えていくことがむしろ当然になった。大きな成長を遂げなかった分、衰えるのも緩やかであればよいと思う。
大人になったので、三度目の観賞は眼鏡を忘れないように、と心に刻む。