ふかふか団地ブログ

文芸サークル『ふかふか団地』についてのお知らせや、メンバーの日記を公開していきます。

2017年5月7日(日)第二十四回文学フリマ東京にて、四冊目の新刊『火星ソーダ』を頒布予定。
ふかふか団地の既刊小説誌を売っています

【 レビュー】ペルソナ5でゲームの面白さを思い出した

f:id:fukafukadanchi:20160926213656j:plain


どうも私です。

最近、ペルソナ5を熱心に遊んでいます。
いやー面白い。まりまりマリーゴールドの「ボーリングの回」くらい面白い。
というわけで、今回は適当にペルソナ5の感想を書きます。購入を検討されてる方はどうかご参考に。もちろんですが、致命的なネタバレは避けます。
近年、RPGをやるスタミナがなくなっていましたが、今作は久しぶりに楽しみながらプレイしてます。

※現在40時間くらいプレイ。過去作はペルソナ4のみプレイしました。



目次

1、はじめに
2、テーマとストーリーについて
3、キャラクターについて
4、ゲーム性について



1、はじめに

今の中高生はペルソナ5のせいで厨二病を患って、5年後くらいに恥ずかしくなって憤死して欲しい。


今回のシリーズのテーマは怪盗だ。異世界で怪盗団を結成した主人公が、悪人たちの心を盗んで改心させていく。昼間は普通の高校生、夜は世間を騒がす怪盗団。

何よりもカッコイイ。カッコつけすぎてる。

f:id:fukafukadanchi:20160926213811j:plain


心の怪盗っていうのが既にアレですけど、ゲームの演出とか設定がとにかくカッコイイんです。キャラクターのデザイン、戦闘のエフェクト、BGM、ステータス画面ですらカッコイイ。最新の技術を惜しみなく使ってカッコよくしてます。モーションとかエフェクトとか一生見てても飽きないくらいカッコイイ。
そこは一切の妥協なく作られているように感じますね。
前作と違って、怪盗団は世界をまたにかけるヒーローな訳で、憧れられる様な魅力というのが必要です。そこらへんがペルソナシリーズのスタイリッシュさと上手くマッチしています。後で記載しますが、怪盗というテーマの選択はかなりの名采配ではないかと思います。
是非、現在中高生の皆さんは多大な影響を受けて欲しい。怪盗のマスクとか自作して欲しい。そういう厨二病が推奨されるゲームであるし、既に大人になってしまった人も、恥ずかしがらずにあの頃の気持ちを思い出してみてください。
僕もRPGを1番プレイしていた中学生時代のワクワクを思い出してノスタルジーに浸っています。


2、テーマとストーリーについて

怪盗団という設定がハマりすぎている。


まだ完全にクリアはしてないので語りきれない事も多いですが、ストーリーとテーマについて。
とにかく怪盗という設定が絶妙すぎる。
カッコよさやダンジョンの面白さに理由を加えるための良いエッセンスになっている。
このゲームの面白さは画面の飽きなさだったり、ダンジョンの面白さだったりするんだけど、それに怪盗ってワードが上手く絡んでくるんですよね。
逆に言うと、怪盗であることがものすごく話を自然に面白くしているように感じさせるんです。
まずこのテーマ設定の理由を褒めたい。
あと、ストーリーについて。ネタバレはNGなんで、前作と比べて特に印象的だったところだけ。
前作では田舎の「閉鎖感」というのが大きなテーマの一つでした。どこにも行けない閉鎖した空間が重大な事件の原因になりました。
一方、今回は大都会東京が舞台です。何でもできる、どこにでも行けるような街。でも、そこで若者が感じていたのはまたまた「閉鎖感」だったのです。
「東京は広い場所だけど、私たちはいつも何かに縛られている」という発言が印象的だった。
自由な場所がある事がわかっているからこそ、大人や規則に縛られることを何よりも窮屈に感じているのだ。
どんな若者でも世の中に閉鎖感を抱いているものなんだなぁと勉強になりました。
ペルソナ4の時はド田舎に住んでいた僕も、今となっては東京に通ってる訳で、何だか今回の移り変わりは人事に思えなくもある。

f:id:fukafukadanchi:20160926213848j:plain


3、キャラクターについて

今作も個性豊かなキャラクターが登場する訳ですが、今回は特に私の好きな2人をご紹介します。
女性キャラクター2名となっております。もちろん従来通り、コイニハッテンすることも出来る。

新島 真

f:id:fukafukadanchi:20160926214539p:plain

主人公と同じ私立秀尽学園に通う3年生で、頭脳明晰品行方正な生徒会長。
責任感が強く行動力もあるが妥協が出来ない。
ある悩みからペルソナ能力に目覚める事に…(公式サイト引用)

僕としては、一生ヽ(・ω・。)イイコイイコしてもらいたいです。



www.youtube.com


普段は真面目で責任感のある生徒会長だけど、一度怪盗になれば、バイクを乗り回しながらメリケンサックで戦う正統派世紀末ヒロインに大変身。
バイク型のペルソナはもちろん初登場。なんで恥ずかしげもなく、こんなカッコイイ設定思いつくんだよって思いますわ。
この世に蔓延る悪を完膚なきまでに捻り潰してやるという強い意志が、彼女の姿とペルソナを作り出していると言えますね。
しかし、ただ強い(確信)という訳ではありません。彼女だって一端の高校生であって、将来への悩みや暗い所を怖がるようなか弱さを持っている。
そういうようなギャップも可愛いですね。
個人的に彼女の生き方には感情移入できる点もあって今後の成長に期待です。


f:id:fukafukadanchi:20160926215040j:plain
↑カットインでは虫ケラを見るような冷たい視線を見せてくれる。可愛い!

キャラ性能的には物理攻撃、魔法攻撃、回復のすべてを器用にこなすバランスタイプ。即死魔法ですぐ死ぬところも可愛いぞ!

武見紗

f:id:fukafukadanchi:20160926215438p:plain

エッチすぎません?(半ギレ)

場末の町医者の女医。
独特の持論から医薬品をホイホイ売るので、怪盗団にとって都合のいい薬屋。
一部の者からは、患者と向き合わない
闇医者などとも噂されているが……。(公式サイト引用)


www.youtube.com



なんかもう反則ですよね。不健康そうな見た目で生足に白衣とか。診察室入るだけで健全な高校生なら反応してそう。
こういうような見た目だけで言わされるキャラクターはずるいですね。完全に白旗ですわ。何でこんなの思いついちゃうわけ?って首傾げながら興奮してます。
キャラの中身について話すとネタバレ多めになっちゃうので避けます。是非、プレイして確認してください。
ゲーム的には非常に強力なアイテムを売ってくれるので、積極的に仲良くなりましょう。


「新島真」でエゴサーチすると、女医も好きです!って人ばかり出てくるんで、性癖の方向性の一致を感じております。

4、ゲーム性について

ダンジョン攻略が面白い!

f:id:fukafukadanchi:20160926220608j:plain


今回のテーマは怪盗ですから、ダンジョンのギミックは非常に凝ったものになってます。
壁を登ったり、穴を通り抜けたり、謎解きも多く本当に飽きない作りになっている。
また、メタ〇ギアみたいに敵に見つかると警戒ゲージが上がる様な仕様もあり、まさに忍び込んでいる様な感じでダンジョンの攻略が出来る。
正直、これが何よりもこのゲームに飽きない理由の一つだと思う。
僕はダンジョン攻略がダルいタチなんですよね。敵も逃げられるなら全逃げしたくなる。ペルソナ4では、ボスの手前まで全逃してからレベリングをするというクソプレイをしていました。
しかし、今作ではガッツリダンジョンを楽しんでしまってます。通常戦闘を楽しむなんて、RPGを遊ぶには必須な事ですけど、それを自然に達成できるこのゲームはやはり面白い。
もちろん最新鋭のエフェクトやモーション、デザインなどのかっこよさが飽きさせないために一役かってるのもありますね。
とにかくプレイしてるとあっという間に時間が過ぎてしまう。そんなゲームを待ってたんです。


www.youtube.com



以上、ペルソナ5レビューでした。
非常にオススメです。私もこんなの書いてないで、はようプレイしたい。
久しぶりにゲームの面白さを実感しました。ありがとうアトラス。ありがとうデビルマンモー。

以上、さんらいとがお送りしました。
それでは皆さんさようならー。


f:id:fukafukadanchi:20160926215915j:plain